図面サンプル07
主要論点は「著しく広大」かどうか。市街化調整区域内の土地であるものの、開発行為が可能なエリアであったため広大地補正を検討。しかしやはりそこは調整区域。いかんせん戸建開発事例が少ない(しかも古い)。リスクは高かったですが、広大地補正適用。クライアントには十分なリスク説明を行いました。