土地評価に関する相談件数累計 4000 件超の実績
tel 0120-957-320
mail info@hikawanomori-kantei.com
ページタイトル
2013年07月18日
チョップ草

 今年も、埼玉県さいたま市北区にある「北大宮駅」近くの線路端に、チョップ草が生えそろいました。

 

 ちゃんとした名前は他にあるのでしょうが、私が幼いころのある日、ふと思い立ってこの草にチョップをしてみたら、実に爽快な切れ味と共に、スッパと切れたのです。強くなったような、偉くなったような気がした私は、この草を見つけるたびにチョップをしたものです。それで私は、この草を「チョップ草」と名付けたのです。

 

 ある日、見沼のどこだったかにふらりと遊びに行ったとき、このチョップ草の群生地を発見しました。狂喜した私は、左右の手を使いひたすらチョップをしまくりました(もちろん「ダブルチョップ」と叫びました)。

 

 チョップ中は夢中なので何も感じないのですが、しばらくしてふと我に返ると、手の小指側はすっかり内出血を起こしていて、ところどころから血がにじんでしまっています。こういうのは、後からじわじわ来るんですよね~…。痛痒いのなんのって…。

 

 家に帰って泣く私。呆れる両親。大笑いの兄。私の子も男の子なので、もう数年もしたらチョップ草をチョップして泣くのでしょうか。チョップ草を眺めながら、そんな心配をする私です。茎の堅い、似て非なる「アメリカチョップ草モドキ」については、また改めてお話しいたします。