土地評価に関する相談件数累計 4000 件超の実績
tel 0120-957-320
mail info@hikawanomori-kantei.com
ページタイトル
2013年02月10日
霜柱

 我が事務所ビルの花壇に、霜柱が立っていました。花壇は北側道路沿いにあるため、日陰にある時間が長く、朝も9時を回ったのにまだ融けていませんでした。

 

 子供の時は霜柱をシャリシャリ踏んで歩くのが楽しくて、意味もなく土の上を歩き回ったものです。

 

 そのうち、日が高くなっていくと地面が軟らかくなっていきます。遊び続けていると、靴の裏についた泥がもこもこと大きくなってきて、足の裏がムズムズしたものです。霜柱を見ていると、そのムズムズがよみがえってきました。(埼玉県さいたま市大宮区)

 

枯れ尽す菊の畠の霜柱   子規